JSS反応分離剤による溶剤廃液内の樹脂分離について
溶剤廃液内の樹脂成分を大規模の設備なしに効率よく溶媒と分離し、溶媒の再利用化を
可能にします。JSS反応分離剤は環境にやさしい硫黄化合物、重金属を含まない反応剤です、
また高純度に精製された安定品質です。
1.組成と性状
: 架橋・重合反応剤
: 無色液体  
: 31℃
: データ無し
: 140〜145℃以上
: 弱いアルコール臭
: 労働安全衛生法・消防法・海洋汚染防止法
  航空法・船舶安全法
: 0.955(50℃)
・組成
・外観
・引火点
・揮発温度
・沸点
・臭い・味
・関係法
・比重
2.JSS反応分離剤の特徴
3.JSS反応分離剤の使用法
4.各種データーについて
5.廃棄時の注意について
分離物は産業廃棄物として専門業者に焼却処分を依頼してください。
下記データを用意しております。
・MSDS
詳細はJSS反応分離剤のカタログ参照してください
@ JSS反応分離剤を 0.1%〜0.2%程度 添加しよく攪拌する
A 樹脂成分の分離を確認する
B 静置
C ろ過 JSSのろ過紙を使用する
*JSS反応分離剤は水分により加水反応を起こします使用時、水分に十分注意して下さい。
(例)
技術資料
環境を化学する
JSS 日本サンプル・サービス
ケミカル事業部
Home 会社案内 営業案内 商品案内 加工充填事業部 お問合せ 技術資料
安定性 
高安全性 
: 高純度化学薬品
: 硫黄化合物、重金属その他の不純物を含みません
JSS反応分離剤は表-1のような非極性溶剤・鉱物油・さらに種々の溶剤廃液内樹脂を
常温で分離します。
表-1 JSS反応分離剤で分離できる溶剤廃液
 塗料廃液
 インク廃液
 接着剤廃液
・溶媒については単体・混合及び種類を問いません
・アルコール・エーテル・ケトン等の極性溶剤に使用する場合はお問合せ下さい。