保管及び破棄方法
・破棄する場合:産業廃棄物として 焼却処分して下さい。
・保管する場合:幼児の手の届かない場所で保管して下さい。      
緊急対応方法
・目に入った場合:大量の流水で洗い早めに医師の診断を受けて下さい。
・本品を吸い込んで気分が悪くなった場合:空気の清浄な場所に移動し安静にして早めに医師の診断を受けて下さい。
・誤って飲み込んだ場合:無理に吐き出させず、速やかに  医師の診断を受けて下さい。
・手や皮膚に付着した場合:石鹸水でよく洗い流し、痛みや
 皮膚に変化のある時は医師の診断を受けて下さい。
注意事項
使用上の注意
・表示以外の用途には使用しないで下さい。
・人体には無害ですが、取り扱い中は皮膚に触れないように          
 防塵マスク・帽子・防護メガネ・手袋等保護具を使用して下さい。
成 分
高分子凝集剤
木質灰粉末他
荷 姿
2kgX5個 10kg 
外観:黒色粉末
§塩素を含まない水性廃液処理剤(凝集剤)『ハイドロクリン』§
今まで困難だった、高濃度廃液にも対応できる自然木質灰を利用した、塩素フリーの自然にやさしい
廃液処理剤(凝集剤)です。
最も除去が困難な染料系色素にも、泥等の無機系廃液にも有効です。
扱い易い1粉タイプを用意いたしました。
使用法 (水性塗料洗浄液)
@大き目のポリタンクまたは空きドラムを用意してください
A刷毛・ローラーの洗浄廃液を容器に一杯になるまで溜めてください
Cハイドロクリン(粉体)を標準配合比05〜1%程度入れてください
D撹拌しますと凝集が始まります
工程 調合比 25℃基準 備考
@ 水性塗料洗浄廃液 10kg
A ハイドロクリン (粉体) 0.05〜0.1kg 05〜1%程度
B 攪拌 塊の出来ない様によくかき混ぜる
*市場に販売されている各種塗料洗浄廃液で凝集を確認しています。
*配合(比)量は廃液の温度・粘度・含有樹脂量によって変化します、
*本処理に入る前に必ずサンプルで凝集を確認してください。
特 長
1. 低濃度から高濃度廃液まで対応します。。
2. ダイオキシン発生源の塩素を含みません。
3. 土木建設廃水。
4. 家庭廃液から工業廃液をカバーする万能タイプ。
用 途
1水性塗料・水性インク・水性ボンド等の洗い水
2.野菜・小豆・大豆等の煮汁
3.ラーメン・うどん等の汁廃水
4.塗装ブース・切削油(EM)の洗浄廃水
5.汚濁水のSS除去
(JSS)日本サンプル・サービス
     ケミカル事業部
 www.e-haieki.com info@e-haieki.com
Tel 059-398-1071 Fax 059-398-1072
Home 会社案内 営業案内 商品案内 加工充填事業部 お問合せ 技術資料

乾燥後



Web サイト内